2014年01月29日

希少糖で幸せダイエット

ご訪問頂きありがとうございます

キレイでしかも健康でいたいという思いからブログを書き、シェアし、
お伝えしたいと…情報の勉強は欠かせませんが。

その中で、分かること"糖”がいつも重要な存在でした。
この"糖”が、健康にも美容にも関わってきます。

生活習慣病の原因の1つに 食後の急劇な血糖値の上昇の危険です。
急激に上げないために「食物繊維を摂って下さい」といわれます。
食べる
子どもや夫に躰に良かれと野菜を多く添えて食事に出すと、
子どもは、「何かの陰謀か」とキレぎみだし
夫も「節約の結果の嫌がれか?」  (大笑)という始末。

野菜の良さをいちいち説くのが面倒です。

我が家の"甘い物”の執着もすごい!

夫が甘党なので、お菓子類は欠かせないです。
甘い物がないと「黒糖」(砂糖でしょう?それ)まで買って来ます。
子どもは、自販機でソーダ類大好きで 飲みまくるし…。

●では、健康管理どうする
"糖”といえば、代表がお砂糖です。
カロリーも高い、でも身近で値段や手に入れやすい。
逆に この"糖”を制すれば、キレイで健康でいられます。

砂糖の代用でカロリーと
血糖値の上昇を抑える  希少糖  ?  

「夢の糖」希少糖(D−プシコース)レアシュガースウィート500g

新品価格
¥2,750から
(2014/1/28 11:45時点)


砂糖を制するダイエットとして 人口甘味料を色々試しましたが、
甘くても不味いので 続きませんでした。
人口的な味・第一印象で家族には、不評でした。


希少糖D-プシコースは、自然界にごく少ないので、生産量が少なく、
必然的にお値段も高いです。
なので100%D-プシコースを食する製品は今のところありません。

●D-プシコースの優れているのが
血糖値の上昇を抑える、カロリーが砂糖の7割、内臓脂肪がつきにくい
甘味が嫌味な後引きが無い、舌に溶けやすい

お料理するたびに、健康・ダイエットと思いつつ、調味料のお砂糖を
大さじ使いだと、何故か罪悪感がつきまといます(笑)。

ダイエットも健康も続かなければ意味がないし、脳と心にも頑張ったら
ご褒美をあげて、モチベーションも上げたい。
幸せ脳で頑張らないダイエットを目指しませんか。

顏も楽ちんで小顔になりたい人 必見です

最後までお読み頂きありがとうございます。
ラベル:ダイエット
posted by ジュディ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 希少糖ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月28日

主婦の休みの向こうの景色は?

ご訪問頂きありがとうございます

主婦で何もしない日、家事・育児を休む日を決めていますか。

私も主婦の友人に聞いたら、「土曜日の朝は、起きない日」なので
子どもとご主人は、勝手に自分で適当に朝食を食べるとか。

ある主婦の方は、日曜日の夕食は、「カレーの夕食日」で、
「手抜き料理?で不満は言わない又は、言わせない日」と決めていると。(笑)

私は、休むと言うより、夫や子どもが学校から帰らない昼の数時間が
昼寝か読書かタイミングが合えば、映画鑑賞くらいでした。学ぶ

地域のタウン誌で「主婦休みの日」の記事が載っていました。

年末年始の行事の慌ただしさと子どもが学校が始まり、
疲れがでる時期だそうです。

「主婦休みの日」が取れてたら 誰と何をしたい?のアンケートで
半数以上が、自分1人で過ごす
そして 1位は、買い物・家でコロコロする。

理想は、日帰り旅行、エステ、お店でランチやお茶です。 
(どれも分かる―)
私も子育てで忙しい30代では、「1人でお風呂に入りたい!」
とか、朝の2度寝が夢の夢で笑) ささやかでした。

一方で 忙しい時ほど、意欲がわくもので、
嫌いだった勉強や習い事もしたい。

新しい年が始まりると、今年こそ 始めるぞーと思って決意だけで、
何年も過ぎていました。
今年もまた同じで終わるのか 私!
もう1月も過ぎようとしています。

子どもの成長と供に時間の余裕もできそう・・・。

自分磨きで趣味を始めたり、漠然とした不安で資格修得なら
思い切ってドーンと期限を限って学びませんか。

忘れていた夢を思いださせてくれます。他にも色々な学びの場があります。左斜め下


心理学に興味があり、通信大学の説明会に行きました

幅広く受け入れ体制が整っています。時間の限られた主婦だから学びやすい。
年齢の垣根をこえた新しい出会いがあります。バックアップ体制がやっぱり違う!

漠然とした夢が形になります。
アカデミックなので確かな知識と資格修得も、安心して学べます

卒業後の選択範囲に予想以上の広がりで驚きます。 心が弾みます。

締切に間に合うようにご検討くださいね。
もし、生活の変化がきそうならこちらも参考にして下さいバッド(下向き矢印)
子どもが、安全にノビノビ育つ理想的な認可保育園を見つけ、保活に勝ち抜き入園する方法

最後までお読み頂きありがとうございます。
ラベル:教養
posted by ジュディ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 豊かな生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月27日

足裏から健康

ご訪問頂きありがとうございます

子どもが幼いころは、よく散歩させ、足を丈夫にし 躰を健康に、
同時に 脳を発達させる目的でした。

数年後の入園した幼稚園でも、裸足保育があり、
園長先生が同じ事をおっしゃていました。

同じく身近に実感したことは、
両親が70歳を過ぎた頃から、外出が減り、そして認知症の発症もこのころ。
今では、1人では、歩行が困難です。

健康で自立して暮らせる健康寿命というのがあるそうです。
平均 男性72.3歳位、女性が77.7歳。残念ながら私の両親は、
日本人の長寿の典型でバッチリ当てはまります。

まだ その後の 平均寿命まで男女ともに10年以上あります。
寝たきりにさせたくない!なりたくない!

足の健康は、躰だけでなく脳の健康にも大切です。

私がレッスンを受けているヨガでも、最初に足のケアを大切します。
指の一本づつ、回し→足首を回します。
三角座りをして、足の指の間を1本づつ、
つま先から、足首に向かって手を
(グーの形にし、人指指の関節を使って)赤ちゃん足
マッサージします。

マッサージをした後の足の裏 感覚 全然 違います。

足底筋を目覚めさせ、立ち姿が改善される。
足首が柔軟になり、転倒しない。
代謝のアップにもなり、美容と健康につながります。

40代を過ぎたら心配な
ロコモチィブシンドローム防止にもなります。

足のケアは、全部で5分もかかりません。
これを続けるだけでも、かなり健康を保てます。

そして
よく歩く!自分の足で
オーダーメイド革靴専門店【ファンタスティックスタジオ】

ご自分の足で おしゃれで機能的な靴を履いて
思う存分歩いて下さい。楽しく歩く♪

 

最後までお読み頂きありがとうございます。
posted by ジュディ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健脚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする