2014年04月23日

健康を守るはずのサプリが安心できますか?

オバマ大統領が来日して、TPPも大詰。
遠くのお話のようですが、なにやら身近なお話になります。
食べ物や医療方面の変化も あります。

気になるのが口にする物。

たくさんの食品が輸入され お値段もお手頃になります。
うれしいけど、
期制緩和は、添加物や遺伝子組み換え食品、残留農薬と心配も増ますね。

女性の健康で動ける平均健康寿命73、6歳で
平均寿命との差は10年以上もあります。
それに
女性は38歳前後から大きな体の変化もある。
更年期です。結構長い期間です。

体調の不調を感じながら生きたくないし〜。

セルフメディケテーションをする。
病院に行くほどでもない体の不調を自己責任でケアする、という考え方です。
サプリメントや健康食品で助けてもらう のも1つ。

将来の病気予防と改善も兼ねて漢方はどうでしょう。

●東洋医学で漢方に お金に換えられない上薬・右斜め下田七人参がある

上薬とは、高価である薬という意味でもありますが、
手に入りにくい、 栽培も難しから 呼ばれました。

約500年前の中国の文献(本草網目)からある 田七人参 漢方薬です。
名前の意味する3年〜7年も収穫するのにかかるので、
「三七」、「田三七」とも呼ばれます。

その後の土地は、2〜3年は 草1本も生えません。
土地の栄養を吸収し尽くします。

●東洋医学「病は気かから」意味
中国哲学では は、万物の 構成要素の意味です。
そして
東洋医学では、病気とは 気 (構成要素)の変化です。
このというのが「血流」。
気の流れに反する、とどこおると、病気になる。

そういえば、
病院でも血管年齢=健康 若さ といわれ、血流の良さを意味する。
アンチエイジングでも、「血液の流れ」を大切に考えます。

田七人参を飲むことで、予防改善できる生活習慣病としては、
高血圧、糖尿病、動脈硬化、脳梗塞心臓疾患など。
更年期障害、女性の生理痛、筋腫、生理異常、そして癌予防も期待されます。

●田七人参と高麗人参との違い
田七人参は、高麗人参のサポニン(SOD)が7倍含まれ
サポニンは、活性酸素を除去します。

他にも ビタミン、ミネラル、が豊富で、
ケトン、新種サポニンは、コレストロールを減らす効果
代謝を高め皮下脂肪の蓄積を防ぐ、肥満体質改善します。

パナキサトリオールは、食後だけでない空腹時の血糖値の効果。
だから食前に飲みます。

血液をキレイにするので免疫力も上げ、肝臓も元気になる。

有機JAS認証 完全無農薬、有機栽培です。国際有機認証も
修得したので安全、安心です。
田七人参.jpg








これは、私が一番気になるところ、直接 販売担当のかたに
お聞きし、確かめました。
右斜め下お子さんも飲めます安全、安心、白井田七


●飲んでみました
口に含むとほんのり漢方の香りです。
DSC00523.JPG








翌朝 肌が潤っている気は しましたが、
未だハッキリとはわかりません。

漢方療法は、身体に負担をかけない分3ヶ月〜1年は
飲み続けて欲しいと お話し して下さいました。

更年期症状でお悩みの方、副作用がないので安心できます。

最後までお読み頂きありがとうございます。
posted by ジュディ at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | サプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月22日

部分やせを変える! 美ボディになろう

40代になると 太り方が違う。

太りやすく、戻りにくい、太り方になる。


「じゃ 違う痩せ方に 変えて、リバウンなしの方法」と思いませんか。


◎キレイな痩せるとは?

理想は,メリハリのある美ボディの部分的に痩せる。


一時期、部分やせは 無理といわれましたが、

ひょっとして まだ 思い込んでいませんか。


●部分やせができる 、つくれます。

今は、医学的にも 解明されています。


むしろ健康的に ダイエットできます。

肝臓⇒内臓脂肪⇒皮下脂肪 の順番に落ちる。


とくにお腹周りが一番最初に付き 落ちにくいと、思われますが、

ちゃんと分かりやすく 落ちてくれます。


●ハミ肉のたるみ肌は どう する?

肌がたるんではガッカリ。


35歳を境に肌力が落ちるので、ケアも同時進行 して下さい。

リンパマッサージをお勧めします。(ローションは付けて)


肌の復元 にエステに通えればいいのですが、

年代別にみても40代がダントツ 忙し年代でもあり、

「疲れを感じる年代」


時間があれば、休みたいし、寝ていたい!


それに

女性の悩みは お腹、二の腕、太ももと脂肪が落ちにくい。

腹筋や 腕立て伏せの運動は 嫌われます。


もともと女性は 筋肉が少ないので疲れやすい体 にできています。

お仕事や家事、家族の世話もあるのに 体力もキープしたいし〜。


楽して♪夏までに、部分やせするには と。


実際 目にし 手に取りましたよ。

これは、腹筋15分の効果と同じだそうです。


ボディカル.jpg

ボディカル 裏.jpg



手に持ちやすいサイズ






左斜め下裏側








ティラピスヨガを続けて 1年の私。

内部の筋肉は、鍛えられた? ようですが、肝心のハミ肉が

硬くなっただけー (ーー゛)

どうしても 取れない! 頑固なゼイ肉。


セルフマッサージだと 手が疲れる!

だから 毎日だと続かない〜。


お助けは あるほうが 結果は出やすい、のは 分かっていますが…。


エステの 施術代が高い。

時間も まとまって 要る、から…。


お家で サッサと効率よく コスパもよく 続けるには、助かります。

二の腕・太もも・お尻など お顏以外は全て 使えて経済的。


ただし、防水でないので お風呂では使えません。

むしろ 体は温まった後の お風呂上りの血行のよい状態だと効果が出やすい。


なぜなら

ハミ肉の(霜降り=筋肉に脂肪が入り込む)をつかんで、

休んでしまっている筋肉に 直接働きかけます。

伸び縮み させ、入り込んだ脂肪を燃焼させ、筋肉にもどします。

基礎代謝が上がり、「痩せ体質」にしてくれる。リバウンドなし

たるみ肌のハリも同時にできる。(肌に良い成分入りローションがセット)、




期間の目安ですが、最低1ヶ月から2ヶ月間。

個人差がありますが、「1日5分から」 で、面倒くさがり屋さんもOK。毎日 続けられそうです。


●一般的な ダイエットの 道のりは

ダイエットは開始の2週間で目標体重の8%落とすと成功しやすい。

元に戻ろうとする体重を維持するのは、減量期間日数の1、5倍。

といわれます。

ダイエットの2ツの山場。「成功の道のり」。


長いダイエット期間だけど、お助けアイテムがあれば楽に〜♪続けれる。

 



最後までお読み頂きありがとうございます。









posted by ジュディ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月19日

1ヶ月―5kg、ハミ肉をダイエットする

あと ―5kgにするとかなり美ボディーになれるのに。
後―5kgがハミ肉で部分痩せできたらと 思いませんか。

ただ痩せるんじゃなく 出るとこ出て
メリハリがある魅力的ボディになりたいですよね。

40代は、30代と違う太り方になる。
●そんなに食べてないのに 毎年 少しづつ太る。
●体重は、さぼど変わりないのにハミ肉が増える。
●でも 運動と食事制限が嫌い。
●忙しくて自分の時間がない。
●とにかく続かない…かも。

私は、全部 あてはまりますが、

この4月で ボディ ティラピス ヨガを習って 1年になりました。
(パワーという言葉が抜けてました。)けっこう キツイ!!です。

取れない!
頑固な この腰ハミ肉が、テコ でも取れない!私は、これ以上は、無理。

でも…、
期間が判れば、意志が弱くても頑張れる。
ダイエットは、最初の2週間で体重の8%を落とせると成功する。
知らない間に"太る生活”の習慣からリセットする期間、
だそうです。『からだにいいこと6』より

最初の2週間は、規則正しく 起き 食事 寝る。
だけでも痩せます。

そして 何を食べたかを記録します。
知らない間に"太る生活”が自覚できます。

◎「食べ順ダイエット」健康に痩せるが←お勧め。
1、野菜
2、タンパク質
3、炭水化物順
に食べます。

夜は8時までに済ます。
期間中は、糖質×脂質の合体食は禁止。
(カレー、パスタ、チャーハン、クッキー、ケーキなど)
よく噛む、1口30回を目安に(満腹感が得られる)

◎気になるハミ肉を―5kg撃退するには?
ハミ肉の正体は、霜降り肉 なり。

筋肉は、皮下脂肪や皮膚が重力で垂れさがるので
つねに収縮して、吊り上っている。

加齢や筋力低下で脂肪か入り込み、運動不足で筋肉が脂肪細胞に変わる。

元のりっぱな筋肉にするには、
収縮させ、成長因子が必要です

ここで 負荷をかけたい、ハミ肉に。
激しくなくてもいいんですよ。

軽い運動、大股で歩くだけでも OK。
(過去記事 『運動不足でも美尻になれる』 は、歩くについて書いてます。)

時間が無い人は、コレでもOK。

痩せたいハミ肉を「収縮させる」こと=つまむ右斜め下


リンパに 流すだけです。

楽で続けられのが一番。
最後までお読み頂きありがとうございます。

posted by ジュディ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする