2023年03月02日

UVケア化粧品の選び方

春のスキンケアに必要なことまとめ3つの最後の
「紫外線防止をつけ忘れない」編です。

毎年のようにUVケア化粧品が新発売されています。
しかもUVケア化粧品も数が多くて迷いますよね。

つい使い切らないうちに新しいUVケア化粧品をいつも買ってしまいう方
いませんか?

ご自分の基準をおさえておくと、無駄にUVケア化粧品を買わなくてすみます。

  • 使用目的と紫外線防止効果はあっている
  • ご自分の肌質との相性
  • 安全性がある
  • 使用感はどうか
紫外線カット剤は大きく分けて2種類ある

日焼け防止アイテム.jpg

先ずは、種類を確認しましょう。

●紫外線吸収剤:化学反応で紫外線を防ぐ。紫外線を熱などに変換させる。ケイヒ酸系、ベンゾフェノン系、トリアジン系などがある。
        特徴は白うきしない、透明。きしみ感もない。安全性も確認されている。まれにアレルギー反応が出る方はいる。

●紫外線散乱剤:物理的に紫外線を反射してブロックする。肌の弱い方向け。(微粒子)酸化チタンや(微粒子)酸化亜鉛が物理的がに 
        はねかえす。成分で白くなる。最近は白くなりにくいものが多くなった。きしみも多少あるのは酸化チタンの活性効果。

●ノンケミカルは紫外線吸収剤が入っていない紫外線防止剤のこと



UVケア化粧品の種類UVケア化粧品特徴用途落とし方
乳液
乳液状

O/W型(oil in Wator)
日常使いに。種類も多い
ウォーターリージェルの名称もある
白浮きしない水々しく使いやすい。低〜高SPF
まで幅ひろい。

専用クレンジング不要と書いてある場合は、ボディソープや石鹸で落とす
ウォータープルーフ
w/o型(Wator in Oil)
アウトドア向け SPF高の商品が多い
アウトドアスポーツやレジャーに効果が持続するように耐水性が高い。
専用クレンジング使用と書いてある場合は、クレンジング剤で落とす
ジェル、オイル、ローションSPF中程度紫外線カット成分をあまり配合できないため、SPF値が中程度の製品が多い専用クレンジング不要と書いてある場合は、ボディソープや石鹸で落とす
スプレーエアゾール
背中など塗りにくい部分に便利 手がべたつかない
保管は高温にならないようにする
専用クレンジング使用か不要かを確かめて落とす
スティック 耐水性に優れいるがのびが重い。日焼けしやすい鼻、頬などの部分使いにいい専用クレンジング使用か不要かを確かめて落とす
シート 
不燃布製のシートに乳液タイプのO/W型を浸している。
塗り直しや携帯性に優れている。日常使いに向けが多い
専用クレンジング使用か不要かを確かめて落とす
紫外線防止の目安で使い分ける

紫外線影響A波とB波.jpg

UVケア化粧品を選ぶときはサンケア指数を目安に選びましょう。

SPFとはSun Protection Factorの略。UV-Bの防止効果を表す数値。
日焼けで赤くなりヒリヒリするサンバーンを起こすまでの時間を何倍にのばせるかの目安。

20分✖SPF24=480分=8時間

SPF値の意味は、20分で赤くなる色白の人はSPF24のUVケア化粧品をぬると、
塗らなかったときに比べ8時間、24倍防ぎます。

この目安は日本人が真夏の晴れの海辺の環境で
色白の人は約20分、普通肌約25分、色黒肌の人は約30分サンバーンを起こす
といわれています。

UV-Bは肌のシミを作る原因になります。

PAとはProtectiion Grade of UV-Aの略。
UVA Protectiion Factor of Protectiionの略の値を+の数で、UV-A防止効果を表している。
UV-A照射後、2〜4時間に起こる皮膚の即時黒化を指数にしている。

UVAPF=製品を塗り皮膚がすぐに黒くなる紫外線A波の量
    製品を塗らない皮膚がすぐに黒くなる紫外線A波の量

UV-Aは波長が永く肌の真皮に届き、シワの原因になります。

分類表示効果の度合いUVAPF
PA+効果がある2以上4未満
PA++かなり効果がある4以上8未満
PA+++非常に効果がある8以上16未満
PA++++極めて高い効果16以上
油断できないUV-Aは1年中地上に降り注ぐ

SnapCrab_NoName_2022-7-22_6-9-52_No-00.png
紫外線UV-Aは4月からぐんと強くなり9月まで続きます。
それ以外の月も半分しか下がらないです。
UV-Bは夏の7月から8月の短い期間に強くなります。
9月以降は一気に下がります。
紫外線量は天気や時間、条件で変わる

太陽光の写真.jpg

天気も紫外線量で変化します。
快晴の日を基準にすると薄曇りの日は、8から9割のUV量になります。
曇りは6割雨では3割です。季節、地域、時間、標高などの条件で変わります。

紫外線の降り注ぎ方は3パターン。太陽から直接届く直射光、空気中のちりや埃などで散乱する散乱光
地面に反射する反射光です。

冬の新雪の反射光は80%にもなります。水面は10〜20%、草地は10%以下。アスファルトは10%です。
日陰にいても日焼けはします
UVケア化粧品の塗り方と落とし方

日焼けグッズ装備.jpg

目安量はクリーム状ならパール大2個、液状なら1円玉大2個です。
その半分の量を顔なら5か所におでこ、両頬、鼻、顎に置き、伸ばす。
残りを重ねてつける。

顔で丁寧に塗る部分としてはこめかみ、頬です。シミが現れやすい部分です。
塗り忘れるのが耳、首もと、えりあし、手の甲です。

腕の塗り方は腕に容器から直接一直線をかくようにつけます。
手のひらで小さく円を描きクルクルと均一に伸ばす。

より効果的を高めるのは、パウダーやファンデーションの粉を重ねます。
紫外線のカット剤の酸化チタン、酸化亜鉛が粉体が肌表面で乱反射させる効果があります。

汗やタオルで落ちるので2〜3時間おきにUVケア化粧品は塗り直します。

☀専用クレンジング使用か不要かは裏面で確かめて落とす?

紫外線防止剤は肌に残ると肌を乾燥させやすく、酸化します。
ウォータープルーフタイプは専用クレンジングと書いてあることが多いです。
紫外線防止剤のまとめ

  • UVケア化粧品はパウダーなどの粉類で効果をUPできる
  • 1年を通して紫外線防止剤は塗る必要がある
  • 2〜3時間おきに塗り直す
  • 専用クレンジング必要か不要か確かめて落とす
  • 太陽光は四方から届くので紫外線カットしてもなるべく日陰を歩く

仕事やスポーツなど長時間、太陽光にあたる方は近赤外線対策も提案します。
記事は改編しています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

インスタグラムに美容のポイントや気になる疑問を書いています。

フォローよろしくお願いいたします。

posted by ジュディ at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする