2023年05月30日

洗顔する回数が多くなる季節に注意することは?

暑くなると洗顔の回数が増えます。

何気なくする洗顔ですが、少し気をつけるだけでも大きな差がでます。
洗顔料をイメージで選んでない?

ネットで泡だて.jpg

洗顔料は泡立ちがいいものが肌汚れが落ちやすいと、思っている方が多いです。
泡立ちがいいものは脱脂力が強く、乾燥肌の方より脂性肌の方向き

乾燥肌や肌が荒れているときは、洗い上がりがしっとりするものを選びましょう。
ネットを使うと細かい泡を立てることができます。細かい泡は肌にも優しい洗い上がりになります。

そして洗顔料を使うときは。肌の状態や保湿剤、油分も確かめて使いましょう。
洗顔で洗い流すのに保湿剤って意味ない?


女性洗顔.jpg

洗顔は汚れだけでなく肌本来の潤い成分も洗い流す場合があります。

エビデンスもあります。確かめて下さいね。

保湿剤といわれる成分の中でも油分のビーズワックスやワセリンセラミドが潤いを保ちやすいという調査報告結果があります。
洗顔の回数が多くなる時期は肌に負担をかけたくありませんよね。

洗顔料の選び方まとめ

保湿剤成分はビーズワックスやワセリンセラミドの配合を選ぶ

ネットを使用して細かい泡を立てる


洗顔する回数が多くなる季節に注意することは?

スキンケア化粧品イメージ (1).jpg

肌の表皮にはモイスチャーバランスの機能があります。水分、NMF(天然保湿因子)、脂質の3つ。
しかしこの3つは老化や洗顔などで減少します。

スキンケアはこの3つの要因を補うのが目的です。
化粧品成分の水分、保湿剤、油分に相当します。

アイテム別で化粧水で水分、保湿は美容液、油分は乳液やクリームになります。
スキンケアは肌を健やかに保つのが本来の役目

肌の調子をみて化粧水と美容液の組合わせいだけで済ます日、
荒れ気味の肌のときは、化粧水+美容液∔昼は乳液かクリームと組合わせで工夫できます。

暑くなると化粧水だけで十分と思いますが、水分が蒸発します。乳液やクリームは皮脂膜の役割になります。
エモリエント効果があるので、乳液なら重すぎないので適しています。

乳液の成分はオリーブオイル、スクワラン、ホホバ油、シリコーン油と流動性が多い、
みずみずしいく肌とも馴染みやすいですよ。

最後までお読みいただきありがとうございました。

インスタグラムに美容のポイントや気になる疑問を書いています。
https://www.instagram.com/yuko81400/
フォローよろしくお願いいたします。





posted by ジュディ at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする