2016年03月16日

毎日あとひと手間美容法!秒殺習慣

毎日 あわただしく過ぎていく。
1日1日が充実した日になると夢も理想も
確実に実現する。

◆●美容も同じ。毎日あとひと手間美容の秒殺習慣!

30代女性でもない、もう若くない^^(私も)方
対象のメイク講座に参加しました。
許可も頂きましたので参考にして下さい。

見わたせば、かなり年配女性ばかりで驚きました。
軽くオバー40ティー。
でも美意識は、違いました。

「実年齢は変えられないけど見た目年齢は、
気分しだいです。」と講師の先生。
先ずは、年齢による顔の変化の話から。

顔が縦に長くなる
・眉と目の間
・鼻と口の間
顔.jpg



説明図です。

顔全体に脂肪が無くなるし、眉毛やまつ毛も
少なくなる。
顔がぼんやりする。シャープで無くなる。

部屋のあちらこちらからため息が聞こえます。

私は、...?
老化が正しく、とらえられてないかも。

講師の方は、年齢が出やすい諦めがちな
「肌たるみ防止法」を教えてくれました。
秘訣は、
毎日、簡単にできる美容を習慣にする事が大切。

●顔整体ワンボイントマッサージ法
本当に簡単!
@首の両脇を両手をグーの形で軽く当てる
 前後に揺らす(リンパの通り道をあけます)

A両頬の高い位置のやや内側に、両手の
 人差し指で押しながら回す。
 強さは、指がずれない程度OK

1回で効果あり。

特に時間がない朝には重宝。時間にして数十秒
嬉しいのがマッサージクリーム不要。
肌にも負担をかけない(^^♪
気軽にメイクの上からでも出来ます。
(1日 何回しても大丈夫。ほどほどに)

やってみて驚いたのが、顔がこってる、
と感じたこと。
血流も悪く、重力で表情筋が硬くなっている。

ちょと面倒くさそうですが、
そのほんのひと手間が5年後の若さの秘訣。
不思議と習慣かすると面倒くさくないです。

今から5年後の私にアンチエイジングです。

美容法は伝授されたけど
肝心のメイクですよね。

●40歳以上のメイクをどうしたらいい?
年齢と共にメイクも変えなければいけないということ。
どこをどう変えるか。

答は、顔に艶を与える。

艶があると肌のシワやシミが目立たないから。

肌の艶もですが、顔のパーツも際立つ!
若く見えます。

それには、
メイク前の「顔整体ワンボイントマッサージ法」と
肌の保湿です。

若みえするメイク法は、色選びや
チークの位置、眉等々は、次回に。

今回は、ここまでになります。

日差しが春めいてきました。
紫外線防止対策が気になります。
肌をお大事にして下さい。

posted by ジュディ at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 美意識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月13日

潤肌で女性ホルモンを活性化するルーティーン

久ぶりに街に出かけました。
もうはや クリスマスの飾りがあちらこちらにありました。
クリスマスパーティや集まりとイベントが始まりますね。

毎日のケアにプラス1の肌ケアをルーティーンに入れ、
キレイを目指そうと計画をたてたいのですが、
忙しいくなると つい手抜きになるのも
肌ケアであり、美容。

美容は健康にもつながっていると言う話


肌のハリを出す… 』の記事で女性ホルモンと肌の関係を書きました。
(にほんブログ村で第1位になりました。ありがとうございます)
外人.jpg




2つの女性ホルモン エストロゲンとプロゲステロンが
妊娠、女性らしさといった肌と関係があるのは
もうご存知と思います。

30歳代から女性ホルモンは、低下します。
特に美肌ホルモンといわれるエストロゲン。
そのエストロゲンももちろん 閉経でグンと少なくなる。
肌がしぼむ、毛量が少ないと老化があらわれます。

「歳には勝てない。」ってあきらめないでほしい。
反対に年がいくほど
エストロゲンは、肌からも作られる ます。

男性ホルモンのアンドロゲンを酵素アロマターゼ
が変換させエストロゲンにします。

肌の中に線維芽細胞が、アロマターゼを増やし、
エストロゲンを増やすことが証明されました。
(2012年日本皮膚学会の論文より)

特に女性ホルモンが低下してくる30歳代から
むしろアロマターゼ活性が上がり、お肌の
エストロゲンが増える

コスメの美容成分にも「線維芽細胞を高める」って
目にするようになりました。

線維芽細胞は、肌再生に欠かせません。
肌のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを
真皮を作りだす大切なマトリックス細胞。
この肌のエストロゲンを上げる酵素アロマターゼは、
紫外線に弱い。

なので
日焼止めや肌を健康に保つようにします。

肌は、大切な臓器。
スキンケアは、アンチエイジング
健康にもつながっています。

今日もキレイで 健康でお過ごし下さい。
ラベル:更年期
posted by ジュディ at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 美意識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月03日

愛され色・桃色づくしのアンチエイジング

今日は、女性の祭り「ひな祭り」の日です。
ちらし寿司やハマグリのお吸い物、ひし餅。桃の花もそえて。
ひな人形のぼんぼりも桃色です。
ひな祭り









優しい気分になります。
●あいされ桃色
桃色(ピンク色)は、卵巣に働きかけホルモン分泌を促します
交換神経を刺激して血流がよくなり、疲労回復アンチエイジング効果も。
風水でも恋愛・幸福運を高める色です

でも、ピンク色は、ファションには、難し色。依存性が高く、未熟なイメージも与えます。
トーンや面積使いでなら、大人女性でもファッションや小物に
取り入れ、楽しむことができます。

今年の春夏は、パステルトーンでピンク色も流行るそうです。
コスメでは、ピンク色が発売されています。

大人女性限定ですバッド(下向き矢印)


香りも楽しんでると、味覚も甘〜く感じる、不思議です。

最後までお読み頂きありがとうございます。
posted by ジュディ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 美意識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする