2014年01月29日

希少糖で幸せダイエット

ご訪問頂きありがとうございます

キレイでしかも健康でいたいという思いからブログを書き、シェアし、

お伝えしたいと…情報の勉強は欠かせませんが。


その中で、分かること"糖”がいつも重要な存在でした。

この"糖”が、健康にも美容にも関わってきます。


生活習慣病の原因の1つに 食後の急劇な血糖値の上昇の危険です。

急激に上げないために「食物繊維を摂って下さい」といわれます。

食べる

子どもや夫に躰に良かれと野菜を多く添えて食事に出すと、

子どもは、「何かの陰謀か」とキレぎみだし

夫も「節約の結果の嫌がれか?」  (大笑)という始末。


野菜の良さをいちいち説くのが面倒です。


我が家の"甘い物”の執着もすごい!


夫が甘党なので、お菓子類は欠かせないです。

甘い物がないと「黒糖」(砂糖でしょう?それ)まで買って来ます。

子どもは、自販機でソーダ類大好きで 飲みまくるし…。


●では、健康管理どうする

"糖”といえば、代表がお砂糖です。

カロリーも高い、でも身近で値段や手に入れやすい。

逆に この"糖”を制すれば、キレイで健康でいられます。


砂糖の代用でカロリーと血糖値の上昇を抑える  希少糖  ?  

「夢の糖」希少糖(D−プシコース)レアシュガースウィート500g

新品価格


¥2,750から


(2014/1/28 11:45時点)


砂糖を制するダイエットとして 人口甘味料を色々試しましたが、

甘くても不味いので 続きませんでした。

人口的な味・第一印象で家族には、不評でした。


希少糖D-プシコースは、自然界にごく少ないので、生産量が少なく、

必然的にお値段も高いです。

なので100%D-プシコースを食する製品は今のところありません。


●D-プシコースの優れているのが

血糖値の上昇を抑える、カロリーが砂糖の7割、内臓脂肪がつきにくい

甘味が嫌味な後引きが無い、舌に溶けやすい


お料理するたびに、健康・ダイエットと思いつつ、調味料のお砂糖を

大さじ使いだと、何故か罪悪感がつきまといます(笑)。


ダイエットも健康も続かなければ意味がないし、脳と心にも頑張ったら

ご褒美をあげて、モチベーションも上げたい。

幸せ脳で頑張らないダイエットを目指しませんか。




最後までお読み頂きありがとうございます。

ラベル:ダイエット
posted by ジュディ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 希少糖ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする